レンNAVI ~レンタカーを借りるなら料金?安心?~

レンタカー利用検討に比較サイトを活用する

TOP > レンタカーをお得に利用するには > 運転する人をレンタカー会社に伝える

運転する人をレンタカー会社に伝える

運転する人を事前に聞かれる事があります。
これは多くのレンタカー会社が行っている確認になりますが、この質問をされた時は偽りなく答えるようにしましょう。
事前に運転する人を伝えておくとスムーズに契約をする事ができますが、レンタカー会社に直接足を運んで借りる場合は、少しだけ時間がかかってしまう事になります。
まず免許証をコピーされる事になるのでこの部分だけは覚えておくようにしましょう。
事前に伝えていない人が運転をしては絶対にいけないと言う事ではありませんが、なにかトラブルを起こしてしまった時に面倒な事になります。
受付の際に運転する可能性がある人の名前は漏れないように伝えないといけません。
後からなにかあってからでは遅いので事前の報告が重要になります。
最近はこの部分でトラブルになる事が多いので間違いなく伝える事が大切になります。



必ず免許証を持ってレンタカーを借りましょう

なにか特別な許可が無いとレンタカーを貸し出ししてもらう事ができないと言う訳ではありませんが、1つだけ忘れてはいけない物があります。
それは免許証になります。
免許証を忘れてしまうとレンタカーを貸し出ししてもらう事ができなくなってしまうので、旅行先で車の貸し出しをしてもらいたいと考えている人は、出発前に忘れていないか必ず確認をするようにしましょう。
免許証を忘れてしまうと絶対に貸し出しをしてもらう事ができません。
免許証のコピーをする事ができないですし、免許証を不携帯で運転をするのはトラブルの元になるからです。
もしも免許証を忘れてしまったと言う場合は一度取りに戻るかタクシーなどを使って移動をするしかなくなるので、その部分は覚えておきましょう。
旅行にも大きな影響が出てしまいますし、忘れただけで金銭的な負担も大きくなってしまいます。



インターネットからレンタカーを予約しましょう

インターネットからレンタカーの予約をする事ができるので利用してみましょう。
電話をする必要がないので電話が苦手な人にとっては大きな魅力を感じる予約の方法になりますが、電話をしなくても良い他に魅力もあります。
どんな魅力を持っているかと言いますと、ネットから予約をする事によって多少は値引きをしてもらう事ができます。
極端に大きな値引きの金額になるわけではありませんが1割から2割程度は安くしてもらう事ができます。
1万円くらいかかってしまう場合は千円や2千円の値引き金額になるので十分に魅力を感じる事ができます。
インターネットから予約をすると、本当にしっかりと予約されているのか不安を感じてしまいますが、方法を間違えない限りは予約されていなかったと言う事はありません。
予約した画面を保存するなどしておけばなにか間違いがあっても全面的に責任を負ってもらえます。