レンNAVI ~レンタカーを借りるなら料金?安心?~

レンタカー利用検討に比較サイトを活用する

TOP > レンタカーをお得に利用するには > ガソリンを満タンにしてレンタカーを返却をする

ガソリンを満タンにしてレンタカーを返却をする

レンタカーを借りる際はガソリンの事をしっかりと考えて使用をして返却をするようにしましょう。
返却をする際にガソリンを満タンにして返さなくてはならないと言うのは常識になりますが、中には忘れてしまう、そして入れなくても大丈夫だろうと考えてしまう方がいます。
これは大きなトラブルの引き金になってしまいます。
まずガソリンを満タンにしないで返却をしてしまうとどうなるのかを覚えておきましょう。
ガソリンを満タンにしないで返却をするとガソリン代を請求されてしまいます。
またこの請求は相場よりも高い場合が多いです。
なぜかと言いますと手間代がかかってしまうからになります。
ガソリンが満タンになっていないと、店の従業員が入れにいかなくてはなりません。
その分の手間代まで請求されてしまいます。
便利なレンタカーですが返却をする際は必ずガソリンを満タンにしましょう。



レンタカーを借りる際は車種や形にこだわる

普段自分が運転をしている車に近い形のレンタカーを借りるようにしましょう。
なぜかと言いますと、運転をする感覚が違って怖いと感じてしまう事があるからです。
普段は軽自動車に乗っている方が、大きめの車を借りてしまうと、全く感覚が違ってきますし、曲がる際に横の部分を擦ってしまうなどの場合もあります。
保険に入る場合が多いので、擦ってしまっても問題無いと考えてしまいますが、なるべくトラブルになるような事は避けたいと考えている方が多いのは本音でしょう。
また大きく破損をさせてしまうと別途修理代などを請求されてしまう事があります。
乗りなれている車であればトラブルを絶対に防ぐ事ができると言う訳ではありませんが、リスクを下げる事はできます。
自分の車ではないと言う部分で普段よりも緊張感を持って運転する方が多いですが、万が一の事に備えて車選びもしっかりとしましょう。



レンタカーを借りる際は運転する人の免許を提示する

旅行に行くと必要になってくるのがレンタカーです。
複数の人数で旅行に行くとレンタカーを運転する人が変わる場合もあります。
その場合は借りる前に運転をする可能性がある人の免許をしっかりと確認してもらう必要があります。
確認をしていない人が車でなにかトラブルを起こしてしまうと、保険などが適用されない場合があります。
保険が適用されないと言う事は、高額な修理代などを全て負担しなくてはならない状態になります。
これでは旅行を楽しむ事ができなくなってしまいますし、旅行から帰った後も辛いと感じてしまう事が多くなります。
一人しか免許を持っていない場合は、免許を持っている人だけが運転をするの問題はありませんが、複数の人が免許を持っている場合は、必ず確認をしてもらうようにしましょう。
多くの人が確認をしてもらわなくても良いと考えているので気を付けましょう。